06-04-29〜30 錦川(山口県)

____________________29日____________________
Individual Life”の石太さんとの合同企画
錦川カヌーツーリング、1泊2日の川旅の始まりです!

この旅で、わが”うはうは隊・大阪支部”の
ノリさんとモコさんは忘れられない思い出を作ることになる。
その一部始終を、NHKの”その時、歴史は動いた”風にお送りする。


 ↓錦川の詳細はこちら↓


スタート地点の根笠駅前の河原
(上記ツーリングマップに詳細有り)


石太さん以外は、錦川を漕ぐのが初めてで
最終ゴールは「岩国市の錦帯橋をくぐり抜ける」という目標がある為
みんなのテンションは高い!(特にけいにぃ。。。)
さぁ、非現実空間へのトリップです!

黄色い”ちゃうちゃう号”でスムーズに発進する
”うはうは隊・大阪支部バイク部長補佐代理”のノリさんと
”同補佐・淡水魚世話役”のモコさん。

この時、二人の前にはバラ色の空間が広がっていた。
そう、この時は。。。
「人生の一大汚点まで、あと1日と13時間。。。」
フリーノット 防蚊クールグローブ 3本カットマルハチ産業 手動式強力ポータブルシャワーキャプテンスタッグ 着替えテントケンユー ミニマルちゃん
以前、錦川を訪れたことがあるという石太さん。
愛くるしい笑顔で、ほのぼのとした雰囲気を漂わせる癒し系キャラ。
また、このツーリングで皆を先導してくれた頼もしい男。
今回は水先案内人をして頂き、本当にありがとうございました。
何にでも適応可能な柔軟性キャラのアキさん。
心・技・体のバランスがうまくとれているレディである。
”うはうは隊・大阪支部医療部おしゃべり部長”の、かずねぇさんと
”同補佐・うなずき役”の、けいにぃさん。

この夫婦を見るたび、
「絶妙のバランスやなぁ〜」(いろんな意味でね:笑)
と、つくづく感心させられる。

すいも甘いも知り尽くした二人。
私の、良き人生相談者です。
”水上のバーテンダー!”こと、ダテちゃん(”Penguins Travel”)
彼の誘いに乗ってはいけない!

アルコールを多量接種させられた上に
頭をシェイクさせられます。
漕ぎ出してまもなく、石太さんとダテちゃんが競うように飲み始める。
カヌーツーリングでは、こうしたマッタリとした非日常を味わえる。

「いつか必ず、酒が流れるという、あの伝説の川を漕ぐのだ!」
という二人。

←実は前席部のカバー内部に大量のビールが隠されている
けいにぃ:「あっ!かずみちゃん、僕もビール飲みたいなぁ〜!」

かずねぇ:「何言ってんのよ。子供がお酒飲んじゃダメでしょ!」

(けいにぃの帽子が、赤ちゃんの帽子に見えてしかたない。
 志村けんの赤ちゃんコントのように。。。)

けいにぃ:「バブ〜ッ!バブ〜ッ!(悲しみ)」

かずねぇ:「仕方ないわねぇ。1本だけよ〜!」

けいにぃ:「バッブゥ〜ッ!(歓喜)

鯉のぼり舞う”新南桑橋”をくぐり抜ける。
清冽な流れは車道に沿って流れる。


(上記ツーリングマップに”新南桑橋”周辺の詳細有り)
青い”南桑橋”の下を、気持ち良く流れる。。。
川から見える景色は、”車道から見る川の景色”とは全然違う。
一人でも多くの人に、この”川からの眺め”を体験してほしい。

「川は危険なものである。だがそれ以上に素晴らしいものである」
___________________〜うは隊長〜


(上記ツーリングマップに”新南桑橋”周辺の詳細有り)
赤い”小郷橋”から、支流・小郷川と交わる
小郷川の上流はすぐに”生見川ダム”となる。

大自然におけるダムは、人間における血栓である。
体内で血栓ができれば、体に充分な栄養が行き渡らない。
体のあちこちに血栓ができれば、病気となり、
脳に血栓ができれば、それは致命的となる。

大自然においても、今まさにそれと同じ事が起こっている。
山から染み出た栄養分は、川を下って海まで行き渡らない。
その結果、海草は枯れ、
それを産卵・生活の場にしていた魚・生物は激減する。
そして最終的には我々人間にそのツケが回ってくるのだ。

500円キャンプ場の河原を通り過ぎる
(上記ツーリングマップにキャンプ場の詳細有り)

人生のほとんどを建物の中でしか過ごさない人間は
自然と人体を重ね合わせて考えることをしない。
そういう人にとって、足下の地面は”ただのアスファルト”であって、
”地球という生き物”だということに気づいていない。

そんな連中が”エリート”と持てはやされ、裕福な暮らしをしている。
自分の知り合い、自分の地位、自分のお金、という
小さな枠の中しか見ることができない連中だ。
たしかにそういう人は物質的裕福になれるだろう。
一番悲しいことは、現代、エリートだけでなく
多くの庶民がこの物質的裕福を目指しているということだ。
心が裕福になれさえすれば、
多くの難題が、簡単に解決するのに。。。



川沿いに走る”錦川鉄道”


この川は、移動手段に列車を使うことが出来る

列車の音を聞きながら、

水面を静かに流れる。。。

時に、小鳥のさえずりを聞きながら。。。
時に、船に身をもたげながら。。。
時に、イチャつきながら。。。
時に、おバカな顔をしながら。。。
隊長だけが、水上を駆け抜ける爽やかな風のように漕いでいた。。。
さてさて、お昼ごはんです。
石太さんやダテちゃんは
どこからともなく流木を集めてきて、かまどを作り上げる。

←今年カヌーを始めたばかりのノリさんとモコさんは
 要領が分からず、ポッケに手を突っ込み
 「これがカヌーツーリングでの”正しいお昼ご飯の仕方”なのか」
 と目を輝かせる。
昼食の最後をヨーグルトでしめる石太さん。オチャメですね。

そんな彼はバナナ好き。
彼の人生はバナナで始まり、バナナと伴に生き、
バナナで終わるそうだ。

そう、彼こそが本当のバナナマンなのだ!(なんやそれ)
←そのバナナマンが昼食を終え、寝っ転がろうとする
 まさにその瞬間をカメラは捕らえた!(だからどうやねん)

モコさん:「えっ!もう食べたん?」
ノリさん:「はやっ!」
ダテちゃん:「オレなんか、まだこれからやで。」
けいにぃ:「プッ!(屁)」
かずねぇ:「バシッ!」驚きを屁で表すな!と、けいにぃをシバいた音
さぁ、今日のキャンプ地をめざし、もう一漕ぎだ!

俗に言う”雨男”・”雨女”と噂される人達が集まったわりには
雨は降らず、薄曇りの丁度良いお天気でした。
相性がいいみたいね。(^;^)
鏡面のような瀞場もあれば
漕がなくても進む爽快な浅瀬もあり


のんびりと、気持ちよく漕ぎ下るのでした。

←ライジャケの上から、自慢のベストを羽織るノリさん。
 しきりに「心が洗われる思いやなぁ〜」と感嘆していた。

錦川に「君の心はそのくらいの事では洗いきれん」と
目をつけられたノリさん。
とっておきの洗い場を提供されるまで、あと1日と9時間。。。
今回、私は秘密兵器を隠し持っていた。 それはオペラグラス!

瀬に突入する時、いつも直前でルートを判断しなければならない。
目が悪い私は、これさえあれば
かなり遠くからでも判断できんじゃねーか?と思ったのだ。

し、しかし、、、水滴で曇ってるわ、ピントが合わんわ、で
「この役立たずの安モンがぁぁぁー!」と水面に叩き付けようとした。

その時!
ダテちゃんの「うわっ!キレイなオネェさんやっ!」と言う声が!

対岸に向かって、慌ててオペラグラスをのぞき込む。
隊長:「どこ!どこ!どこ!どこに叶姉妹がっ!?」

 (誰も、ひとっことも叶姉妹なんか言うてへんのに)

ダテちゃん:「あ、あぁ〜、叶姉妹っちゃ、叶姉妹かな?
     と、とにかくキレイなオネェさんや!」

隊長:「どこ!どこ!キレイなオネェさん、どこぉぉぉ〜!」

ダテちゃん:「あぁ〜、隊長、もうちょっと右、右!」

隊長:「へっ?右? こうか? 誰もおらんで。」
ダテちゃん:「あぁ〜、まだもうちょっと右の方や!」

隊長:「へっ?まだ右? こうか? どれどれ、ヨイショっと。」



アキさん:「はい、そこぉー!バッチリ見えたやろ?
       キレイな お・ね・え・さ・ん がぁ〜!」

隊長:「ハッ!。。。(しばし呆然)。。。(その後、小声で)
    ダテオ、テメェ、コノヤロ〜! でも、どうしたらええねん!
    なんてリアクションしたらええね〜ん!?」
ダテちゃん:「(なぜか小声で) とりあえず”ホンマやぁ〜”って言うとき!」

隊長:「(ひき続き小声で) せやな、
    ヘタなリアクションしたらパドルでどつかれそうやもんな。

    ほんまやぁ〜!キレイなオネェさんやぁ〜!
       水上の松嶋菜々子やぁぁぁ〜!

←彦麻呂のような賛辞を述べ、しばし固まる隊長。。。
  その後、そのまま流されて倒木に激突。
  二度とオペラグラスを手にすることはなかった。。。


かずねぇ:「アンタ、瀬の中ではしっかり漕ぎなさいよ!」
けいにぃ:「ババッ、バブぅー!(はい、わかりました!)」
かずねぇ:「だれがババアやねんっ!」
けいにぃ:「ババババ、バブぅ!バブぅ!
       (ちちちち、違います!違います!)」


ノリさん:「おっし、行くぞ〜!」
モコさん:「キャアアア〜!」
ノリさん:「瀬の中では、お前は目を閉じておけ!」
モコさん:「はい!ご主人さま!」
      (そっちの方が恐い)

1日目は、みんな無事にキャンプ地までたどりつきました。

次の日は錦帯橋まで下りましたが、トータルで見て
錦川は、初心者にぴったりの川だと思いました。
当然、その時々のコンディションで変わるのでしょうが
”穏やかな川”という印象を受けました。

エージェンシーダテオ(←ダテちゃんのもうひとつの呼び名)
の案内で銭湯に行き、その街のレトロな雰囲気を味わいました。
その後、買い出し→夜の宴へと続くのでした。。。

みんな、それぞれに”自分の食卓スタイル”を確立している


隊長の食事は、いつも隊員のお世話になってます




____________________30日____________________
朝靄かかる朝。
行波駅前のキャンプ地でマッタリとした時間を過ごす。

今日は、下見が必要な1ヶ所を除いては、キツい瀬はないだろう
という気楽さがあり、また、
観光客の羨望の眼差しを一身に受けながら錦帯橋をくぐり抜ける
という期待感とで、朝から和やかな雰囲気。

目指すは錦帯橋!





ノリさん:「たいちょ〜!今日はたいした瀬はないんやろ?」
隊長:「うん、昨日の区間と比べたら、たいしたことない思うで!」
この隊長の一言を聞いて、ノリさんは緊張感を失ったんですね。
醜態をさらけ出すまで、、、あと2時間。。。


美しい緑のムーブメント


スカッ!と広がる青空

かずねぇ:「気持ちのいい空間が広がるわねぇ〜」

けいにぃ:「バブッ、バブブー、バッブゥゥゥ〜!
       (そうだね、天気もいいし、最高だね〜!)」

かずねぇ:「私達だけこんなに楽しんでていいのかしら?
       子供達が知ったら怒られるわよぉ〜!」

けいにぃ:「ブブブッ!バブ、バァ〜ブゥ〜!
       (ははは!そのうち一緒に行けるじゃないか。)」
ノリさん:「あぁ〜、気持ちえぇなぁ〜。
      オレもついにカヌーっちゅうもんに
      ドップリと浸かってしもうたわい。」

モコさん:「ホンマやなぁ〜。こんなことになるとはなぁ〜。」

ノリさん:「えらい男と知りおーてしもたわい。
      アイツや!アイツのせいや!
      あそこでニヤニヤしながら漕いでるヤツが
      あの時オレに話しかけさえしなけりゃ。。。

ある意味ドップリ浸かるまで、、、あと1時間。。。
ダテちゃん:「そういや、僕が隊長と知り合ったのは
    四国の吉野川ツーリングだったなぁ。。。
    あれ以来、ツーレポでエジキにされっぱなしだよ。
    アイツのせいで、いろんな呼び名が付いちゃったじゃないか。
    そう、あそこでニヤニヤしながら漕いでるヤツのせいで。。。」

アキさん:「私はたしか、、、鳥取の海水浴だったわ。
       アイツ、あの時からニヤニヤしっぱなしなんじゃないの?」
かずねぇ:「私達はメール交換から親交が始まったのよね。
       アンタがカヌーの事を相談したのがキッカケだったわね。
       アンタも相当やけど、あの隊長も相当やで!
       そう、あそこでニヤニヤしながら漕いでるヤツ。」

けいにぃ:「バブバブ、バァ〜ブゥゥ〜ウゥ〜
      (せやな、隊長は大事なことを教えてくれへんから
       熊野川で豪沈してもぅたわ。
       あそこでニヤニヤしながら漕いでるヤツが
       なんにも教えてくれへんから)」
「むひひっ!」 (^;^)
今回唯一、下見が必要だった”細利の沈下橋”では
石太さんが先に行って、我々にルートを指示してくれるという。
ここは事故があった箇所なので、
間隔をあけて慎重に通りました。


(上記ツーリングマップに”細利の沈下橋”周辺の詳細有り)



←「この下を通りなよ」と、誘導してくれる優しい石太さん。
  本当に頼りになります。
  ノリさんは特にこの後、お世話になります。(笑)

二人にとって本当に危険な箇所はココではなかった。
危機的状況遭遇まで、、、あと30分。。。


橋脚には、たくさんの倒木が引っ掛かっていた


細利の沈下橋の2キロ下流にある”守内の沈下橋”。
ここは物凄く低い沈下橋です!
今回はリンボーダンスのように通過できましたが
ちょっと増水すると橋自体が浸かってしまいそうなので
ライニングダウンが必要かもしれません。
今回唯一、危ないと言われていた沈下橋を通過し
安堵の表情の二人。(スキだらけ)

状況が一変するまで、もうそんなに時間はありませんでした。
二人が錦川を本当に体感するまで、、、あと1分。。。


なんの変哲もなく見える右カーブのチャラ瀬。
突き当たりから下流へ向かって竹藪が垂れ下がっていた。
いわゆる”竹のストレーナー”というやつだ。

隊長が先頭で漕ぎ入る。
しだれかかった竹のせいで、状態を低くしても頭を叩かれる。
浅い角度で小刻みにパドリング。
「ちょっとやっかいな竹やったなぁ〜」と思って振り返ると
うしろからノコノコとついてきた”ちゃうちゃう号”が
今、まさに、沈する(ひっくり返る)ところであった。

2006年4月30日午前11:50。その時、歴史は動きました!

しだれかかる竹のせいでパドリング不能状態に陥った二人は
ますます流れに追いやられ、竹藪に突っ込んだ!

黄色い”ちゃうちゃう号”が真横に傾く。。。
次の瞬間、二人に諦めの表情が漂った。 と同時に沈!

みんなで、ちゃうちゃう号を救助!
しかしその目は笑っている 口はニヤついている

石太さん:「あれっ?ひょっとして沈してる?(内心、笑っている)」

けいにぃ:「バブっ?(すぐに笑いをこらえる)」

かずねぇ:「あれ?ちゃうちゃう号、沈してんちゃう?
       チンやで〜!みんな、チンやで〜!チ〜ン!」
       チ〜ン!チーン!(なんだか嬉しそう)」

アキさん:「えっ!ちゃうちゃう号、沈?
       あはは!チーン!チ〜ン!(すごく嬉しそう)」

ダテちゃん:「これこれ、レディーがチンを連呼するものではありませんよ!」





ズブ濡れで川からあがる背中に哀愁が。。。

まず隊長はモコさんを救いに行った。
それが終わり振り向くと、
ノリさんは船にしがみつきながらまだ流されていた。
絶好のフォトチャンス!と、カメラを手にしたのだが
あまりにも悲惨な映像だったので、心が痛み、撮れなかった。。。
(笑いをこらえるあまり、手ブレで撮れなかったという噂もあるが。。。)

石太さんがノリさんを救い、
ちゃうちゃう号はダテちゃんとけいにぃが確保!
みんなの速やかで、抜群の連携プレーに感謝します!



もう笑うしかない。。。(心では泣いている)

<ノリさんの後日談>
「あの時は、助けに来てくれた石太さんが王子様に見えたわ!
 思わず目がハートマークになったわぁ!」
(石太さんにしてみれば、まったく迷惑な話である。。。)



「たぁ〜まちゃ〜ん!」ではありません

彼にとっては、それはそれは、もう、物凄く屈辱的だったのです。

「くっそぉ〜!やられた〜!」(テンション急降下!)

まぁ、隊長のうしろをノコノコとついて行ってはいかんですよ!
ということですな。
(実は、けいにぃとかずねぇも、後日同じ教訓を得ることになる。。。)


ついでにここで、お昼休憩することに。

←みんなが流木を集め、作った焚き火で暖をとる二人。

実は、”沈”には素晴らしい恩恵がある。
笑いで、その場を和やかにするのはもちろんのこと
初対面同士だった人達が
「救助」というひとつの物事に全身全霊を傾けることにより、
みんなの心がグッ!っと、ひとつになるのだ。
考えられないほどのチームワークを発揮し、
その後、輪に”まとまり”(結束力)がでるのであった。。。

ノリさん;「たいちょー、あんな時はどうすればええねん?
      なんも教えてくれてないやんかっ!」
隊長:「何や?逆ギレかぁ? ああいう場合は、こうしながら
     あっちの方に向かってこういう風にせないかんのや」


__ノリさん:「もぅ!アレやソレではわからへんわっ!」
__隊長::「心配せんでも、いざという時は本職のかずねぇが
__      ちゃ〜んと人工呼吸してくれるから。」
__ノリさん:「。。。。。。。(複雑)」

沈した際に、流失したモコさんのパドルを探しながらの再出発。
竹藪のところから、みんなで丹念に探す。

石太さんが200Mほど下流で発見!
ノリさんとモコさんは石太さんに感謝しきりだった。

大活躍の石太さん!(バナナ好き)


山陽新幹線と御庄大橋と山陽高速道のアーチ


「けいにぃも元気やなぁ!今年でいくつになるん?」


「ふたちゅぅ〜!」


橋脚のアーチを過ぎると、右手にそびえる岩国城
錦帯橋へはあと少し みんなのテンションは急加速!




錦帯橋の手前にかかる”錦城橋”
この右岸に上陸しやすい駐車場有り
ちなみにこの日、橋の上下の駐車場では
駐車料金200円/日を徴収していた


いやぁ〜、ものすごく嬉しかったですよぉ〜
晴天下、芸術的な建築物と自然と同士と伴に記念撮影




「さぁ、観光客に良いフォトショットをサービスしに行きますよ!
みんな身なりを整えて、颯爽と漕いで下さいよ!
ノリさんは絶対に橋上の人に向かって
ファックユーポーズはしないこと!」


橋の直下が、ちょっとした堰のようになっている
錦帯橋下流左岸の駐車場へゴール


カヌーもこれだけカラフルなんだな
みんなおつかれさん!(特に石太さん:笑)

ノリさん:「アキさん、何してんねん!?」

アキさん「えっ?あ、いや、ちょっとクノイチの血が騒ぐもんで。。。」

ノリさん「クノイチって、あんた、いつの時代の人間や!」

かずねぇ:「アキさん!もっと左の方が登りやすいわよ!」

ノリさん:「うん、かずねぇが言うと違和感なしやな。(爆)」
日本建築の技術がものすごく盛り込まれてるんだろうなぁ。。。
昔の人はスゴイ!としか言いようがない。
ほんま風情あるもん創るなぁ。。。


車を取りに行く間、片づけをしてくれた女性陣の皆様
ありがとうございました。


ここから我々は、一挙に観光モードに突入するのだった。。。



私たち、ついこないだ結婚しました。
今、とってもラブラブです!



僕たち、かなり前に結婚しました。
今も、ラブラブでぇ〜す!
さきほど言い忘れました。
10年後、こんなんなってま〜す。

アキさんは相変わらず美しくあり、
ダテちゃんは相変わらず酒を手にしてるわけか。。。(爆)
両手に華の石太さん。
私には彼の顔が引きつっているようにしか見えない。。。
橋を渡るのに300円(往復)いるんだね。
いい歳した大人達がこんなにハシャいでいていいのか?
はい、いいんです。 (^;^)

先頭きって「橋渡ろう!」と言ったはいいが
思ってたより高度が高いじゃんか!


自分が高所恐怖症だったことを今さら思い出した隊長
ポジションは常に真ん中!

で、その挙動不審な行動から、みんなに感付かれてしまった。

ノリさん:「なぁなぁ、さっきから隊長、あんまハシッコに来んなぁ?」

モコさん:「せやな、さっきからずっと橋の真ん中ばっか歩いてるで。」

ダテちゃん:「ホンマや、なんやアイツ、一休かっ!」

ノリさん:「よし!じゃあこうしよう。 記念撮影すると見せかけて、
      みんなでアイツをとっ捕まえよう!うししっ!」



←撮影時も、真ん中をキープする隊長。

「ハイ、チーズぅ!」
ノリさん:「おっしゃー!捕まえたでぇー!
      たいちょー、そんな遠慮せんと、もっと手すりに近づきなよ
      スゲぇ景色ええでぇ〜!」

隊長:「いいよ。べつに。 ここからで充分だよ!」

ダテちゃん:「ホラッ、大丈夫だよ、ホラッ!ホラッ!」

隊長:「よせ!やめろ!コノヤロぉ!」

石太さん:「たいちょー、腰がめちゃめちゃ引けてまっせー!(笑)」
ノリさん:「たいちょーはホンマだらしないなぁ〜
      おまえ、ションベンちびってんじゃねーのか!?」

隊長:「うっせ!うっせー、バカヤロぉ〜!
    けいにぃ〜、ちょっとなんとか言うてよ!
    って、けいにぃまで写真撮ってるしぃ。。。かんべんしてよね。」
←(向こうで赤い服を着てしっかり写真を撮ってるけいにぃ)

かずねぇ:「大丈夫、大丈夫、卒倒したら
       本職の私がちゃんと人工呼吸したげるから!」

隊長:「それもかんべんやわ!
    しかも卒倒と人工呼吸関係ないやろっ!」
橋を渡った所にあるアイス屋さんには行列ができていた。

ノリさん:「石太さん、(小声で) 見て!あそこ見て!
      めっちゃええ(細い)脚してんで!あのコ。」
石太さん:「あっ!ホンマや!(じぃ〜〜〜:ガン見)」
ノリさん:「ダテちゃん、(小声で) 見て!あそこ見て!
      めっちゃええ(細い)脚してんで!あのコ。」
ダテちゃん:「えっ!ホンマや!(じぃ〜〜〜:ガン見)」
ノリさん:「けいにぃ、(小声で) 見て!あそこ見て!
      めっちゃええ(細い)脚してんで!あのコ。」
けいにぃ:「おっ!ホンマや!(じぃ〜〜〜:ガン見)」
隊長:「おまえら、オッサンかっ!っての。(一番前でじぃ〜〜〜)」
今日もまた銭湯へ。。。
この辺りは観光地の中心街だというのに
ものすごくレトロな建物で溢れていました。

豪沈した二人は、ここで体を温め、疲れを癒すのであった。。。
コールマン ポータブルシャワーwithウォーターキャリアコールマン エンクロージャーケンユー 組み立て式簡易トイレプルマル
僕達3人は今日もココでキャンプ!
ノリさんは今日の悲惨な沈を思い出し、自我の崩壊寸前!
珍しく「テーブルでごはんを食べる」という。
「沈したから何だ!ってんだい!ははは!
 沈がなんだ!沈がなんだあああああー!」

←バーボンで悲しみを紛らわす男の図。
 ”讃岐うはうは隊・大阪支部バイク部長補佐代理”ノリさん。
 本日の沈がよっぽどつらかったのだろう。

ついに崩壊!





カヌー無料体験・ツーリング同行はこちらまで→

カヌー漕遊記のトップページに戻る


本HPに関するトラブルにつきましては、当方では一切責任を負いませんので、それを考慮の上お楽しみ下さい


山口県 岩国市 観光 カヌーツーリング カヤックツアー レジャー 旅行 川旅 キャンプ 銭湯




SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO