05-05-05 赤木川(和歌山県)

熊野川の支流・赤木川でのカヌーツーリング。
赤木川は”小口自然の家・小口家族キャンプ村”の箇所で、さらに2つの支流に枝別れしている。
私達はそのひとつ小口川の西地区からスタートした。
ゴールはキャンプ地にしている赤木川の河原。
約3〜4Kの行程だったのですが、浅瀬を歩いたり、のんびりと流れていたので
じっくり4時間かけて下ってしまいました。(笑)

本日の主役はノリ夫妻。 ”カヌー初体験物語〜たいちょー優しくしてね〜”の巻。

私自身、赤木川というスポットは話には聞いていたが、
まさかこんなにも綺麗な支流だったとは。。。

例えようのない美緑色の川面へ漕ぎ出すノリ夫妻。
ノリさん:「うっふぁあ〜、これエエわ!
      隊長はこんな面白いもん、一人でしてたんかー!」

隊長:「むっひっひ!(^;^)」

モコさん:「あー!ぶつかる、ぶつかるぅ〜!」

隊長:「はい、しっかり練習してくださいよー!いっちに!いっちに!
    夫婦なんだから呼吸はピッタリ合うはずですよー!(笑)」
フリーノット 防蚊クールグローブ 3本カットマルハチ産業 手動式強力ポータブルシャワーキャプテンスタッグ 着替えテントケンユー ミニマルちゃん
ノリさん:「よし!もうつかんだぞ! 行こ、行こ!」

隊長:「はやっ!もぅえんかい? じゃあ行こかー!」

モコさん:「しゅっぱーつ!」
さぁ、浅い瀬だから、ルートをキッチリとらないと、つっかえちゃうぞ!

ノリさん:「モコ、どっちへ行ったらええかなぁ?
      うしろは見えにくいから、前で指示してくれよ!」

モコさん:「うん、えぇっと、、、こっちかな? あっ、やっぱりこっちや!」

ノリさん:「うわぁあ〜!はよ言うてくれぇ〜。 あかん、操縦不能や!」

二人は、”まどかひろし”の歌のようにクルクル回り、何度となく石に乗り上げるのだった。
瀬のほとんどが浅瀬なので、そういう時は船をひいて歩かねばならない。

モコさん:「あらぁ、また乗り上げちゃったわねぇ。」

ノリさん:「よいしょっと。 お前は乗っとけよ。 オレが引っ張るから。」

モコさん:「えっ、いいの? 引っ張ってくれるの? あなたステキ!☆」

仲むつまじい夫婦である。。。





モコさん:「ヒェ〜!また船がまわるわよぉ〜!」

ノリさん:「よし!ここはオレの豪力一発で決めてやる!ふむむぅー!
      アレ?おかしい。豪力いっぱ〜つ! ふむむむむぅ〜!」

モコさん:「何してんの、早くしなさい。しんえもん!」

ノリさん:「なんで、しんえもんやねん!?」
この川には、いい時間が流れていた。。。

途中、地元のおじさんに「気持ち良さそうだね!いいねぇ。」と呼びかけられた。
孫達とヤマトヌマエビを獲りに来ていたそうだ。
「もう少し上流へ行くとね、”静閑瀞”っていう景色のいい場所があるよ。」と教えてくれた。

いい川には、いい人がいる。 その、いい人が川を誇りに思い大切にしている。。。
こういう好循環はいつまでも続いてほしい。。。
しんえもんさん:「あ〜、またチャラ瀬かぁ。 どう行こうかな?」

もこ姫:「ここは右よ!右! しんえもん。さぁ、お行きなさい。」

しんえもんさん:「え〜! 右はちゃうやろぉ〜? 。。。。。」

もこ姫:「早くお行きなさい! しんえもん!」
しんえもんさん:「ほらぁ〜、また歩かなあかん。 わし、ええかげんもう疲れたわ。
          ちょっと、歩いてもらえんかなぁ〜?」

もこ姫:「まぁ!あちらの木々の緑がステキねぇ〜!見て御覧なさい!」

しんえもんさん:「え〜? そやなぁ。 なぁ、ちょっと降りて歩こうや。」

もこ姫:「このへんの土地は安いのかしらねぇ?」

しんえもんさん:「出た! きこえてない振りや!。。。。。」
もこ姫:「まぁキレイ!この花はなんていうの?しんえもん。」

しんえもんさん:「え〜、これはヤマフジの花ですなぁ。」

もこ姫:「そぅ、ヤマフジねぇ。 くるしゅうない、もっと近こう寄せよ、しんえもん!」

しんえもんさん:「ははぁ! って、しんえもんしてしもたやんけ!」
とまぁ、こんな感じで、時にはのんびり流れ、時にはハードに歩いて来たのですが
今回の目玉はゴール直前でやってきた!

90度に曲がった瀬で、それなりの水量があったので、なんとか行けるやろ、と思って
その下で私が待っていると、しんえもんと姫の乗った、じゃなかった、ノリ夫妻の船が瀬に突入。
次の瞬間、船は岩と岩の間に引っ掛かり、水勢に押され横倒しになった!
二人とも川に放り込まれた!
でも、二人とも私の言いつけ通り、岸に向かって泳ぎ出したので安心した。
それでも水の勢いというのは強いもので、
モコさんが「私、思ったより流されてるよね?」といった表情で、「助けて〜!」と叫んでいる。
なので、私は高価なパドルをすくい上げるのをあきらめ
しかたなくモコさんの腕をつかみ岸へ引き上げることにした。
それなのに、モコさんは「キャーぁぁあ!」と絶叫するので、
「どっこも触ってないのに、チカンにあった女性みたいに叫ばれてもなぁ。」
と、こっちがアセッってしまったじゃないか!(笑)
今度、私が助けているにもかかわらず絶叫したら、
ブン殴って気絶させてから岸に引き上げるか、
もしくはそのまま流してしまうことにする。それでもいいかな?ノリさん。(笑)

その瀬は”モコ・絶叫の瀬”と名付けられたのは言うまでもない。。。(^;^)

←女人禁制のハードボイルド号に乗るノリさん。
 彼は、なかなか見所があり、ヘタするとロデオ系に行っちゃわないかと心配している。
 ただ、ひとつ確実に言えることがある。 もう少し”ぜい肉”を落とさないとダメだ。(爆)

初めてのカヌーツーリングで、日差しのキツイ中、弱音を吐かず浅瀬を歩き
4時間もよく頑張ったものだ。ノリさん、アンタはやっぱスゴイよ!
モコさんも前に乗って、よく恐れずに瀬に突入したなぁ。アンタもたくましいよ!
今度は歩かなくてよい本流に行こうな!

今回、私が一番残念に思うのは、二人の”沈場面”をカメラに納めてなかったことだ!
第三者的に見て、こんなにおもしろいものはないのだから。
でも、私の脳裏にはしっかり焼き付いているので、
しばらくの間は思い出し笑いをさせてもらうぞ!(^;^)
コールマン ポータブルシャワーwithウォーターキャリアコールマン エンクロージャーケンユー 組み立て式簡易トイレプルマル
ちなみに”モコ・絶叫の瀬”は一級の瀬でした。
しんえもんと姫だけに、一級(一休)。 おあとがよろしいようで!
さっぶぅ〜!(笑)


カヌー無料体験・ツーリング同行はこちらまで→

カヌー漕遊記のトップページに戻る



本HPに関するトラブルにつきましては、当方では一切責任を負いませんので、それを考慮の上お楽しみ下さい


和歌山県 新宮市 赤木川 カヌーツーリング カヤックツアー レジャー 旅行 川旅 渓流

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO