04-08-09 四万十川(高知県)




四万十川へ2泊3日でキャンプにやってきた”広島じゃけぇ団”の面々と隊長は
そのキャンプ最終日に、江川崎の”宮地キャンプ場”から
私達がキャンプしている”網代キャンプ場”まで
プチツーリングをすることになった。
キャンプの模様は別のレポート04-08-07〜09四万十川(網代キャンプ場)
を御覧下さい。

←出発前の記念撮影。
左から隊長、じゃけぇ団のバリバリ君、中村さん、ミチ君。
ミチ君はやる気まんまんだ!


 ↓四万十川の詳細はこちら↓




バリバリ君は親子での”初ツーリング”
う〜ん、君達ファルトが似合うねぇ!



隊長:「じゃあ中村さん、あとは頼んだよ!」
中村さん:「えぇぇぇ〜、うっそ〜ん!?」



バリバリ君:「ミチくん、お船は気持ちイイねぇ〜!」
ミチ君:「とおさん! はやくぅー!もっとはやく漕いでよぉー!」




隊長:「あっ、写真に写る時、中村さんはパドル置いててイイよ
     隊長が漕いでます!ってな感じで写るから!」
中村さん:「。。。。。あれ?やっぱオレ奴隷?ひょっとして奴隷?」





宮地キャンプ場から網代キャンプ場までは
初心者でも大丈夫な川相でした。水量にもよりますけどね。

ただ、カヌー館の対岸(右岸側)の辺りは、
幅の狭いルートをちょっとした瀬が続きます。
不安なら、カヌー館の前側(左岸ルート)を通りましょう。
左岸ルートは初心者が笑って行ける波が立つ程度でした。
私達は子供連れであり、バリバリ君が「左行ってよ!ねぇ左に行ってよ!」と、
目で懇願していた為、左岸ルートにしました。(笑)

あとは2ヶ所くらい心地良い瀬がある程度でした。
のんびり、のんびり、ほとんど漕がずに下りました。



バリバリ君:「ホラ、ミチくん見て!あそこ。
       ああいう優しそうな女性を嫁にせなあかんでぇ。」
ミチ君:「ふ〜ん、。。。。。とおさんも大変なんだね。」



中村さん:「あぁ〜、いいっすねぇ〜。なんかイイっすねぇ〜。。。」
隊長:「でも、濁りの無い時の四万十川を見せてあげたかったよ。。。」






バリバリ君:「たいちょー!たいちょー!この先に瀬があるようでーす!
      ザーって音が聞こえてますけど、起きてくださーい!たいちょー!」
隊長:「。。。。。ん? 気のせいやろ。。。。。」
バリバリ君:「たいちょー!どうしましょー?おーい!」
隊長:「。。。。。」
中村さん:「隊長、呼んでますよ! どうしましょう?って言ってますよ。」
隊長:「うるせぇーな、適当でイイよ、もぅ適当でぇ!
    ねむいよ、オレ今日チョーシこいて早起きしすぎちゃったから。。。」
中村さん:「適当でイイって言ってまぁーす!」
バリバリ君:「そうですかぁ、じゃあ適当でぇ〜!
        ってバカ! 起きろ!このへなちょこカヤッカー!」




中村さん:「たいちょー、あっという間に着いちゃいましたよ。
       もう、そろそろ起きて下さいよ。」
先に接岸したバリバリ君が岸から中村さんへ叫んだ
バリバリ君:「おーい!中村さんだけ降りて、
       そんなヤツ起こさずに、そのまんま流しちまえー!」



ムクッ!
隊長:「はっ!アレ?中村さん、ここは? えっ?もう着いたの。」




約4k、約40分のプチツーリングでした。
はやっ!もう終わりかよ。。。

江川崎から下は、のーんびり流れるにはイイみたいですね。
_
vibram(ビブラム) CLASSIC







_
_
_
スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク 20







_
_
_
モンベル(montbell) ネオプレン パドリングショートジョン Men’s







_
_
_
ヒコ メイルストロム(Sympatex 3 Layer)







_
_
_
_
ブルーエース Men’s パンツ







_
_
_
_

_
_
_

_
_
_
_
モンベル(montbell) クリマプレン パドリングショーツ









カヌー無料体験・ツーリング同行はこちらまで→

カヌー漕遊記のトップページに戻る



本HPに関するトラブルにつきましては、当方では一切責任を負いませんので、それを考慮の上お楽しみ下さい


高知県 四万十市 中村 四万十川 カヌーツーリング カヤックツアー レジャー 旅行 川旅

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO